BIO

BIO

SING LIKE TALKING

佐藤竹善 (Vocal, Guitar & Keyboard)

藤田千章 (Keyboard & Synthesizer)

西村智彦 (Guitar)

 

1986年、シングライクトーキングとして“サウンド・コンテスト'86”に出場し、グランプリを獲得。それをきっかけに1988年シングル『Dancin' With Your Lies』でデビュー。直後にはファースト・アルバム『Try And Try Again』を発表し、故ジェフ・ポーカロ(TOTOドラマー)や、ネイザン・イースト (ベーシスト) らを迎え、渋谷クラブクアトロで伝説的なデビュー・ライヴを行う。1993年『ENCOUNTER』、1994年『togetherness』の両アルバムは発売と同時にオリコン初登場1位となる。

1992年『HUMANITY』(オリコン3位)、1995年『Discovery』(オリコン3位)、1997年『Welcome To Another World』(オリコン3位)、1998年『SECOND REUNION』(オリコン4位)、2001年『ROUND ABOUT』(オリコン9位)、2001年『METABOLISM』(オリコン10位)を記録しているなど、2013年の最新作『Befriend』まで、13枚のオリジナル・アルバムを発表。

1998年9月30日にはデビュー10周年を迎え、初のベスト・アルバム『SECOUND REUNION』を発表(オリコン4位)。また2001年『METABOLISM』は、音楽誌『ADLIB』の評論家選定による“ADLIB AWARD 2001”において、国内最優秀作品賞を受賞。

1995年からは、佐藤竹善のソロ活動やピアニスト 塩谷哲とのユニット“SALT & SUGAR”をはじめ、藤田千章、西村智彦とも、それぞれ他アーティストへの楽曲提供やプロデュース、ライブサポートなども活発に行い、それぞれ活動の場を広げている。

デビュー以来、ライブ活動を精力的に行っているが、1992年からは大規模な全国ツアーを行い、1996年、1997年には日本武道館での公演を大成功に終わらせた。

2011年東日本大震災の直後、東北関東大震災被災者支援コンサート「心の復興まで」を東京・大阪で開催。デビュー25周年となる2013年、東京・大阪で約10年振りとなるフルバンドでの25周年記念ライブを開催。

2015年には、オールタイムセレコションアルバム『Anthology』リリースし、フルバンドでの全国ツアー「The Sonic Boom Tour 2015」を行い大盛況のうちに幕を閉じた。そして、2015年より、2018年のデビュー30周年に向けたカウントアップ・スペシャルライブ企画がスタート。

第一弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜 」(2015)、
第二弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky ~シング・ライク・ホーンズ~ 」を行い、大好評を博す。

デビュー30周年に向け、ますます活発な活動を続けている。